ってなに?

アパタイトと二酸化チタンを複合化したセラミックスです。

アパタイトはリン酸カルシウムで細菌、タンパク質や臭いの成分の吸着能に優れています。二酸化チタン光触媒は様々な有機化学物質や臭いを、光を当てる事で分解処理する事が出来ます。アパタイトと二酸化チタン及び銀を複合化した事で従来の光触媒に比べて様々な利点があり、応用範囲を飛躍的に拡大する事ができます。
通常の二酸化チタン単体の光触媒と比べ、特に室内で効果を発揮するのが特徴です。

 

通常の二酸化チタン単体の光触媒の欠点は

1.光が無いと効果が出ない。
2.有機物に直接塗布すると下地を分解してしまうのでプライマーが必要となり、2度塗り以上の手間がかかってコストの高くなる。
3.有機物に配合すると有機物を分解してしますので、直接配合できない。
4.接触しないと分解できないので、部分的効果しかない。

などです。これらの問題点を、「アパテック」は、不活性アパタイトを二酸化チタンに被覆複合化することで、解決できました。

この技術は新たに二酸化チタン、銀それぞれに当社独自の技術で特殊加工を施し、二酸化チタンの光触媒効果+吸着力、銀の抗菌力+吸着力とそれぞれに吸着力を付加しました。吸着力を付加する事により二酸化チタン単体の光触媒の欠点である接触しないと分解できない、光が無いと触媒が働かない、又銀の欠点である接触しないと抗菌効果が無い等の問題点を解決することが出来ました。従来「アパテック」は二酸化チタン+吸着力で単なる光触媒と差別化を図ってきましたが、今回更に銀+吸着力をハイブリッド化する事で、光が無くても抗菌、消臭、防カビ効果が出て、光があれば更に相乗的に効果を発揮出来る商品にバージョンアップしました。今回のハイブリッド化で「アパテック」は光触媒を遥かに超越した画期的な環境触媒になりました。今回のインフルエンザウイルスの結果は、今世界的に問題になっているSARS、鳥インフルエンザ等と同じ膜を作るウイルスなので、SARS、鳥インフルエンザ等にも効果が期待出来ると考えております。

   
 
 
 
を使うだけで、
 
空気浄化効果 シックハウス、室内環境改善
消臭効果 タバコ、アンモニア、ペット等
抗菌・防カビ効果 細菌感染症予防
防汚効果 室内の油汚れ、外壁の汚れ防止
4つの効果が自然に表れます。(セルフクリーン)
 
   
Copyright (C) 2006 Chuokogyo CO.LTD,All Right Reserved